3分で読める「マンション購入」成功術

「宅地建物取引士ってなに?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★3分で読める「マンション購入」成功術!! No.19  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
19.jpg

 宅地建物取引士ってなに?


2015年の4月より名称が宅地建物取引主任者から
宅地建物取引士に変更されました。


通称、「宅建(たっけん)」と言われています。
毎年10月の第3日曜日に、資格試験が行われます。


不動産業に従事していると必要になるこの資格、


いったいどのような資格なのでしょうか?
また、どんなことができるのでしょうか?


そもそも「宅建」とは、1958年に当時の建設省が
≪宅地建物の公正な取引が行われる≫ことを
目的として創設した、【国家資格】です。


不動産業の仕事を始める際には、
必ず専任の宅地建物取引士が必要とされており、
業務に従事する者「5人に1人」の割合で取引士を
置くことになっています。


例えば
従業員が7人の会社であれば、取引士は2名必要となります。


不動産業を開業する際にどうしても必要な資格なので、
違法ですが、従業員の中で誰も資格者がいない場合、


他人の名義を借りて申請し、不動産業の免許を取得していた
業者もありました。※現在はできません。


資格者には手当として3~5万円支払っていたこともあり、
資格さえ取れば臨時収入が入るので、人気の資格でした。


現在では、宅建業の免許取得時に名義貸しなどないか、
厳重にチェックをされますので、以前のように資格さえあれば
収入につながるようなことは無くなりました。

 試験内容


バブル当時の1990年には、なんと34万人が受験しています。


それ以降徐々に受ける方も少なくなり、
2017年は約20.9万人でした。


それでも毎年20万人近くが受ける人気の資格ですね。
最近は金融関係の方も多く受験されているようです。


次に、試験の内容はその年によって前後しますが、
およそ、「宅建業法」から20問、
「権利関係」から14問、
「法令上の制限」から8問、
「税・その他」から8問の、計50問です。


4択方式で、試験時間は2時間です。


合格率は15%~18%になっており、
合格ラインは35点が目安でしょう。


2017年大阪の合格者は2668人で、
合格率は15.2%だったようです。


私は正直1度では合格できませんでした。

 取引士ができること


さて、この試験に合格して取得した資格者は
いったいどのようなことができるのでしょうか?


それは「重要事項説明書」の説明が
できるようになります。


例えると、
運転免許を取得したら、車の運転ができるようなものです。


無免許だと車は運転できませんね。
不動産も同じで、無免許だと重要事項の説明ができません。


不動産は、動産とは違い「不」が付いていますので、
字の如く動きません。


いわゆる土地や建物など、容易に持ち運びができない
定着している物のことを指します。


不動産業者は、この動かない物である「不動産」の
売り買い・貸し借りを成立させる仲介役をしています。


そして、お客様が不動産を売り買い・貸し借りする際に、
その土地や建物がどのような物件なのかを、
不動産業者はきちんと説明する義務を必ず負います。


この時に使用する書面が「重要事項説明書」です。


この書面は、宅地建物取引士が記名・押印し、説明します。
資格のない方は説明できません。


資格のない者が説明をしたり、そもそも説明しなかったりした
場合は、業法違反となり、【免許停止】や【罰金】が科せられます。


重要事項の説明は、契約書を取り交わす前に行われます。


また、資格者であるかの確認はこれも必ず説明に入る前に、
免許証の提示が義務づけられていますので、
その際にチェックしてください。


書面の内容は、土地や建物の所在や面積などに加えて、
都市計画や建築基準も盛り込まれています。


分かりやすくはありませんが、
どのような建物が建てられて、
どのような建物が建てられないのかも、記載されています。


また、契約を解除する際の条項、住宅ローンの利用特約、
建物がある場合は、設備状況も記載されます。


更に、マンションは修繕計画や管理状況も説明します。


このように書面の中身は一定の知識が求められるため、
知識を習得した宅地建物取引士が説明することになっています。


ただ、車の免許とは違い、宅建を所持していなくても
営業はできます。違法ではありません。


できれば、資格者に担当してもらえるほうが
質問に対しても的確に答えが得られると思います。


最後までお読みくださりありがとうございました。
少しでも購入や売却の際に参考になれば幸いです。


メール無料相談はこちら
⇒ 電話無料相談は 0120-961-761 までお気軽にどうぞ


バックナンバーはこちら
メルマガの登録はこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ発行元】
◎ マンションナビ(クローバーライフ株式会社
◎ 〒577-0801 大阪府東大阪市小阪1-5-13
◎ お客様専用フリーダイヤル 0120-961-761
◎ TEL:06-6743-7400
◎ FAX:06-6743-7500
◎ 営業時間 朝9時~夜6時 毎週水曜定休
◎ 発行責任者 村長洋明(むらながひろあき)
■ ご意見・ご感想・ご相談は ⇒ こちらまで
ご感想は100%目を通し、全ての方にご返信しております。
皆様から頂いた 1つ1つが励みになります。
※ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。

私達があなたを身内のように対応致します!お気軽にご相談ください。

マ ン シ ョ ン ナ ビ ( ク ロ ー バ ー ラ イ フ 株 式 会 社 )
〒 5 7 7 - 0 8 0 1 大 阪 府 東 大 阪 市 小 阪 1 丁 目 5 - 1 3
TEL 0 6 - 6 7 4 3 - 7 4 0 0  FAX 0 6 - 6 7 4 3 - 7 5 0 0

0120-961-761

営業時間 / 午前 9 時~午後 6 時
定休日 / 毎週水曜日

ページの上部へ戻る