3分で読める「マンション購入」成功術

『分譲マンション販売、勧誘の断り方』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★3分で読める「マンション購入」成功術!!★  No.5  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、マンションナビの村長です。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。


さて、今回のテーマは
『分譲マンション販売、勧誘の断り方』です。


先日、不動産協会から送られてきた冊子に、こんな記事が
掲載されていましたので、紹介します。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
ある時、「価格大幅改定!!」と書かれた
分譲マンションのダイレクトメールが届きました。


その数日後、販売を担当している不動産業者から
勧誘の電話がありました。


「資金がないので、購入の予定はありません」と
断りましたが、「現金がなくても購入できますし、家賃よりも
安い支払いで済みます」


さらには「格安の販売だから、確実に儲かります」
買った価格よりも高く売れるから儲かると言っています。


「いつでも売ることができますし...」などと
長時間に渡って話をされ、ようやく電話を切ることができました。


ところが、さらに2日後の夜、電話を掛けてきた担当者と
その上司の2人が自宅に押しかけてきて、
強引に上がり込み、電話の話を繰り返します。


話の途中で何度も断りましたが、最後には重要事項説明書と
契約書を出してきて、説明を始めたのです。


それでも「契約できません」と断ると、同じ話を繰り返し、
「ここまで説明させておいて契約できないはないだろう」など
の脅迫めいたこともいいながら、しつように契約を
迫られました。


夫婦ともに疲れてしまい、早く帰って欲しいこともあり、
契約してしまいました。


契約を解除するには、どうしたらいいのでしょうか?
また、このような業者は取り締まれないのでしょうか?
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =


ざっとこのような内容です。・・・あなたなら、どうしますか?


新築マンションに限らず、
「今の家賃よりローンを組んだ方が支払いは安い」とか
「誰にでもローンが組める」などの表現は、
営業マンからよく出てくる『常套句』です。


このようなことを簡単に話す営業マンは要注意だと、
私は思います。


それはなぜか? 通常、分譲マンションを販売する時には、
分譲会社は提携銀行と安い住宅ローン変動金利を
設定しています。


変動なので金利が上昇した時のことはまったく話さず、
安い金利計算で「今なら月々この支払金額で」といいこと
だけを提示してくるのです。


「誰でもローンが組める」という内容も、条件が揃いにくい方は
金利の高い銀行で申し込みをさせられます。


「誰もこんな安い金利で組めると説明していませんけど」
とうまく交わして逃げてしまいます。


もうどの言葉を信じていいのか、分かりませんね。


消費者に対して、しつように契約を迫る行為は
『行き過ぎた営業行為』であり、
『宅建業法や消費者契約法に反する勧誘販売行為』です。


宅建業法では、次の行為を禁止しています。


① 環境・交通等その他の利便について誤解させる
断定的判断を提供する行為


② 契約の判断をするために必要な時間を与えることを拒む行為


③ 長時間の勧誘電話等の生活の平穏を害するような
方法により、相手方を困惑させる行為


このような方法による勧誘販売は、宅建業法違反行為です。
今回の場合は、クリーリングオフでの契約解除が可能です。


また、消費者契約法により契約を取り消すことも可能です。


このような場面に遭遇されましたら、即断即決はしないで、
「親に相談しないと勝手に決められないので」と後日に
引き伸ばし、その間に、専門機関へ相談に行きましょう。


弁護士さんや司法書士さんも相談にのってくれますが
費用も掛かりますので、一旦、市役所の相談窓口や
国民生活センターなどもいいと思います。


それと、もうひとつ、業者が嫌がる言葉があります。
「今から大阪府庁に行って相談してきます」と
言ってみてください。


不動産業は各都道府県や国から営業するための
免許を取得しています。


大阪府からの免許業者なら、管轄は大阪府なので、
そこに持ち込まれると、内容によっては行政処分の
対象になり、業者さんは一番こたえます。


バックナンバーはこちら
メルマガの登録はこちら


最後までお読みくださりありがとうございました。
少しでも購入や売却の際に参考になれば幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ発行元】
◎ マンションナビ(クローバーライフ株式会社
◎ 〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-3-5日秀ビル3F
◎ お客様専用フリーダイヤル 0120-961-761
◎ TEL:06-6744-9680
◎ FAX:06-6744-9933
◎ 営業時間 朝9時~夜7時 毎週水曜定休
◎ 発行責任者 村長洋明(むらながひろあき)
■ ご意見・ご感想・ご相談は ⇒ こちらまで
ご感想は100%目を通し、全ての方にご返信しております。
皆様から頂いた 1つ1つが励みになります。
※ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。

私達があなたを身内ように対応致します!お気軽にご相談ください。

マンションナビ
〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-3-5 日秀ビル3F
TEL. 06-6744-9680 FAX. 06-6744-9933

0120-961-761

営業時間 / 午前 9 時から午後 6 時まで
定休日 / 毎週水曜日

ページの上部へ戻る