住まいの知恵袋

共用配管から水漏れ!

6月に「村長さんリビングの床が変色して
水か染み出してくるんです。どうしたらいいですか?」と
電話を頂きました。


現地を確認しましたが、どうも給水ではなく排水だと
わかりましたが、箇所が特定できません。


トイレ内の壁が湿気を含んでいましたので、
床を開けるということで出直すことになりました。


伺う前日に「村長さん分かりました!」と電話があり、
聞いてみますと、「クローゼット内に点検口があり
そこを開けると床が水浸しになっています」と
教えていただきました。


翌朝現地を確認しましたら、漏れている箇所は
キッチンからの排水管を受け止めのる供用縦排水管の
根元が割れていることがわかりました。
house-brains-13-1.jpg


house-brains-13-2.jpg


house-brains-13-3.jpg
矢印から箇所から漏れが発生


原因は銅の配管が使用されおり、
その継手の固定箇所が悪いのです。


建物全体に何らかの負荷がかかり銅管が割れたのでしょう。
これはあきらかに施工会社の施工不良ですね。


共用管はその部屋の上下階すべて繋がっていますので、
早急に管理会社に連絡をし、設備屋さんで一旦応急処置が
なされました。問題は修繕費用です。


共用管はマンションの共用部分になるので修繕費は
マンションで加入している損害保険が適応されます。


今回の場合は共用管や被害があった部屋の修繕費用が
保険適応になります。


しかし、真下の部屋も一部壁を取り壊さなければ
ならないのですが、その修繕費は保険では対応できず、
修繕積立金から出費してもらうというのです。


なぜ?真下の部屋は保険対応できないのでしょうか。
理由がわかればお知らせしたいと思います。


次号は、「壁の中はカビだらけ!」です。
※現場は東大阪市内に建つ築22年のマンションです。

私達があなたを身内のように対応致します!お気軽にご相談ください。

マ ン シ ョ ン ナ ビ ( ク ロ ー バ ー ラ イ フ 株 式 会 社 )
〒 5 7 7 - 0 8 0 1 大 阪 府 東 大 阪 市 小 阪 1 丁 目 5 - 1 3
TEL 0 6 - 6 7 4 3 - 7 4 0 0  FAX 0 6 - 6 7 4 3 - 7 5 0 0

0120-961-761

営業時間 / 午前 9 時~午後 6 時
定休日 / 毎週水曜日

ページの上部へ戻る