3分で読める「マンション購入」成功術

そして住宅ローンだけが残った・・!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★3分で読める「マンション購入」成功術!!★  No.4  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.jpg

 そして住宅ローンだけが残った・・・!


ようやくインフルエンザの影響が薄れてきたようですが、
あちらこちらで、すごい損失が出ているようですね。


旅行会社に勤める友人からは、
「相次ぐキャンセルで売上がガタ落ちした」と聞きました。


皆様のところは大きな影響はなかったでしょうか?


さて、先日NHKの「クローズアップ現代」で放送された、
『そしてローンだけが残った!』をご覧になりましたか?


実は、私は見過ごしてしまいました。


翌日、スタッフのカンちゃんから「村長さん昨日見ました?」
と聞かれ、「ごめん見てなかった」と答えると、
一部始終を話してくれました。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
地元でそこそこ活躍している住宅メーカーさんが、
次々と経営破綻に追い込まれ、新築の注文をしていた
建築主様が被害を被っている・・・。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =


新築の建売住宅やマンション分譲において、
売買契約時に支払う「手付金」などは一定の額まで
救済されるよう、法制度が整っています。


ですが、


建物完成前に支払った金銭(手付金以外の代金)については
保証されないので、途中で請負会社が倒産すると大変です。


取材された方によると、請負会社が建築途中に
「もう少しお金を前倒しで入金してもらえたら、
最終残金をおまけしますよ」と言ってきたそうです。


一部とはいえ代金(中間金)を支払ってほしいという提案は、
請負会社の「少しでも資金回収をしたい」という"都合"が
感じられます。


ですが、"おまけ"の額が100万円や300万円といった大きな
お金になると、注文者様も「支払いが少なくなるなら・・」
と、つい中間金を多めに支払ってしまったのでしょう。


ところが、その請負会社が経営破綻に追い込まれてしまい、
建築工事が途中でストップしてしまったというのです。


そうなると、あとに残されるのは「住宅ローン」と「土地」と
「建築中(未完成)の建物」です。


中には、土地(更地)のまま手つかずで、
なんの救済もないという方もおられたようです。


最悪ですね。


それを話すカンちゃんの鼻息も荒く、
「こんなことあっていいんですか!村長さん!?」と
すごい勢いです。


「このようなことは決してあってはダメだ!」と
私も強く思います。


地元で有名な工務店だったからこそ、信用して建築を
お願いした方も多いはずなのですから。


とても許せるようなことではありません。

 トラブルを回避方法とは


では、どうすればトラブルを回避できたのでしょうか?
私の見解を申し上げますと、


(1)契約した条件と違う支払い請求を
受けた場合は、絶対に断る。
どんなに好条件を出されても断る。


(2)専門家に相談する。
弁護士、司法書士、他の工務店、公共相談窓口など。


強引に要求されると断れない方もおられますので、
そんな時は専門家に間へ入ってもらい、直接話さない。


(3)これは最後の手段ですが、
通常そのような場合、大半が、工務店側の資金繰りが
悪くなっていると考えられるので、思い切って手付金を
放棄するなどして解約する。


その結果、損害を最小限に抑えられる。


解約することで、手付金は戻ってきませんが、
住宅ローンを組まずにすみますので、
建築中の家やローンだけが残ることからは逃れられます。


事前に工務店の財務状況を調べるには、
ニフティーの企業情報サービスなどで検索できます。


近年の売上推移や借入金などが確認できます。
※詳しい情報は有料です。
※企業によっては情報がない場合もございます。


実際にはなかなか見極められないかもしれませんが、
契約の段階で支払い条件を出来るだけ「完成してから払う」
ように交渉してみましょう。

 支払い条件の確認


一般的には、契約時に請負金額の10%、工事着手時に
30%、上棟時に30%、完成時に残金30%といったところで
しょうか。メーカー様によって、割合や条件はまちまちです。


番組に取り上げられていた住宅メーカーさんは、
契約時にローンを先に組んでもらい、全額の支払いを
済ませてから、工事をスタートしていたようです。


そこで、メーカーさんが破綻してしまったため、
「残ったのは、土地と住宅ローンだけ」という
悲惨な状態になったそうです。


条件変更がある場合は、即答せずに一旦考えてから
回答しましょう。さらに、専門家に相談しましょう。


ひとりで悩まないでください、きっと糸口はみつかります。


最後までお読みくださりありがとうございました。
少しでも購入や売却の際に参考になれば幸いです。


メール無料相談はこちら
⇒ 電話無料相談は 0120-961-761 までお気軽にどうぞ


バックナンバーはこちら
メルマガの登録はこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ発行元】
◎ マンションナビ(クローバーライフ株式会社
◎ 〒577-0801 大阪府東大阪市小阪1-5-13
◎ お客様専用フリーダイヤル 0120-961-761
◎ TEL:06-6743-7400
◎ FAX:06-6743-7500
◎ 営業時間 朝9時~夜6時 毎週水曜定休
◎ 発行責任者 村長洋明(むらながひろあき)
■ ご意見・ご感想・ご相談は ⇒ こちらまで
ご感想は100%目を通し、全ての方にご返信しております。
皆様から頂いた 1つ1つが励みになります。
※ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。

私達があなたを身内のように対応致します!お気軽にご相談ください。

マ ン シ ョ ン ナ ビ ( ク ロ ー バ ー ラ イ フ 株 式 会 社 )
〒 5 7 7 - 0 8 0 1 大 阪 府 東 大 阪 市 小 阪 1 丁 目 5 - 1 3
TEL 0 6 - 6 7 4 3 - 7 4 0 0  FAX 0 6 - 6 7 4 3 - 7 5 0 0

0120-961-761

営業時間 / 午前 9 時~午後 6 時
定休日 / 毎週水曜日

ページの上部へ戻る