3分で読める「マンション購入」成功術

マンション選ぶなら大規模?小規模?-建物編 ①

236.jpg

 マンション選ぶなら大規模?小規模? 【建物編】


前回、大規模マンションと小規模マンションの「敷地」に
関するメリットとデメリットをご紹介しました。


特に、駐車場やゴミ置き場は、敷地が広い場合、
台数やスペースを確保しやすいメリットと、
部屋から遠くなるデメリットがありました。


マンション選ぶなら大規模?小規模?-敷地編-はコチラ


さて、今回は、大規模マンションと小規模マンションの
「建物」について、検証してみましょう。


まず、基本的に大規模マンションは戸数が多く
小規模マンションは戸数が少なくなりますよね。

 大規模と小規模で違うのは、「エレベーター」!


では、戸数の違いで変わるのは何でしょうか?
それは「エレベーターの台数」です。


八尾市のメガシティタワーズは1棟で794戸もあります。
794世帯が同時に移動することはありませんが、
何台設置されていると思いますか?


メガシティは非常用も含めて7基あります。
「7基もあるんだ!」と思われたかもしれませんが、
794戸÷7基=113戸に1基の計算になります。


一方、東大阪市と八尾市で1番小規模マンションの
ソレイユ小阪(9戸)にもエレベーターは1基あります。
9世帯に1基は贅沢ですね。


建築基準法ではマンションの高さが31メートルを超えると
非常用エレベーターの設置が義務付けられていますが、
総戸数に対するエレベーターの台数規定はありません。

 エレベーターの快適な「台数」は?


では、どれだけあれば快適なのでしょうか?


私の経験則では、60戸に1基は欲しいところですが、
実際には100戸に1基程度です。


60戸に1基だと、メガシティの場合、
計算上は794戸なので13基になりますね。
よって、7基は決して多い数ではありません。


見学の際、営業マンに「このマンションにはエレベーターが
3基もあるんですよ!」と説明されたら、こっそり戸数で割って
みると、意外と少ないかもしれませんよ。

 エレベーターの「配置」について


台数の次は、「エレベーターの配置」です。
建物全体のどの場所に設置されているのかで
随分快適さが違います。


大規模だと台数は増えますが、
大半の建物は、同じ場所に数台並んで配置されています。


東大阪市にあるマンションで、
戸数が236戸でエレベーターは2基あります。


横に長い建物なので、エレベーターから一番遠い部屋は
120メートルほど離れていました。


エレベーターは毎日利用することを考えると
部屋から近い方が便利ですよね。
よって、配置も現地ではよく確認しておきましょう。


小規模だと各階に4戸とか5戸なので、
エレベーターまでは近くて便利です。

 エレベーターの「速度」は?


次に気付きにくいのが、「速度」です。


速度については、大規模だから速くて、
小規模だから遅い、といったことはありません。


私は年間50ヵ所以上のエレベーターに乗りますが、
エレベーターが新しいと速く、古いと遅い傾向があります。


建物が古くても、新しいエレベーターに入れ替えられて
いるところは速かったりします。


高層マンションだと比較的速いのですが、
古くて速度がのんびりしたエレベーターもありました。


一休さんのように、「慌てない慌てない、一休み一休み」と
いきたいところですが、朝夕の混み合う時間帯は
速いほうが助かりますね。


ちなみに、分譲マンションのエレベーターは
「9人乗り」が一般的です。

 建物規模で違うのは、「共用施設」!


次に、建物規模で違いがあるのは「共用施設」です。


大規模だと、ゲストルーム、フィットネスルーム、
キッズルーム、カラオケルームなどが完備されています。


私の叔母が住んでいる京都のマンションには、
コンビニとパン屋さんが入店していました。


正直、毎日利用することはないそうですが、
「あると便利よ」と話していました。


確かに共用施設はあると便利ですが、メンテナンスも必要で、
維持費は居住者の負担になることを忘れないでおきましょう。


一方、小規模だとゲストルームなどはありません。
中には、管理人室すらままならないところもありました。


また、小規模だと集会室もありませんので、
総会など集まる時は、エントランスホールで椅子を並べたり
場所を近くで借りたりしているところもありました。


そもそも、スペースが取れるなら、
初めから分譲居室として売られてしまうからです。


共用施設がない分、維持費が掛からない点は助かりますが、
戸数が少ないと管理費や修繕積立金が割高になる
傾向がありました。


現地では建物規模の大小で、集合ポストの場所、
宅配BOXの有無、管理人室の配置、エレベーターの配置、
共用施設の有無、廊下の幅、メインエントランス以外の
出入り口、などもチェックしておきましょう。

マンションを買う前に借りてみる!
マンション購入者が語る!購入前の「行動10箇条」とは?
中古マンション見学の心得とマナー!
コラム一覧に戻る


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム発行元】
◎ マンションナビ(クローバーライフ株式会社
◎ お問い合わせフリーダイヤル 0120-961-761
◎ 発行責任者 村長洋明(むらながひろあき)
■ ご意見・ご感想・ご相談は ⇒ こちらまで
ご感想は100%目を通し、全ての方にご返信しております。
皆様から頂いた 1つ1つが励みになります。
※ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私達があなたを身内のように対応致します!お気軽にご相談ください。

マ ン シ ョ ン ナ ビ ( ク ロ ー バ ー ラ イ フ 株 式 会 社 )
〒 5 7 7 - 0 8 0 1 大 阪 府 東 大 阪 市 小 阪 1 丁 目 5 - 1 3
TEL 0 6 - 6 7 4 3 - 7 4 0 0  FAX 0 6 - 6 7 4 3 - 7 5 0 0

0120-961-761

営業時間 / 午前 9 時~午後 6 時
定休日 / 毎週水曜日

ページの上部へ戻る