東大阪市・八尾市中古マンションナビ

東大阪市と八尾市の中古マンション売買専門店

06-6743-7400

営業時間/9:00 ~18:00
定休日/火・水曜定休

おしえて!村長さん

🧯 火災保険だけで大丈夫なの?

504.jpg

◆ 火災保険だけで大丈夫なの?

知ってお得!知らないと損する!「火災保険」の
続編です。

「住宅火災総合保険」では、色々な事故を
対象にしています。

しかし、対象がマンションの場合や住んでいる地域に
よっては、必要のないところまでカバーされている
ことがありました。

「必要な事故補償だけに絞り込むことで保険料が
3割も安くなる」というのが、前回のコラムでした。

では、万一に備えて火災保険に加入したけれど、
本当にそれだけで万全と言えるのでしょうか?

もし、火災が実際に発生した場合、
室内にある物すべてが使用できなくなるでしょう。

このような場合、保険会社から室内を
元の状態に戻す工事費用が支払われます。

しかし、保険金で室内を元の状態まで復元できた
としても、「何もない空室」からでは生活が
できませんよね。

◆ 火災保険だけではカバーできない!

え!?何もないってどういうこと!?

火災保険の適応範囲は、「室内を元の状態に戻す
こと」、つまり、キッチン・お風呂・トイレ・
洗面室・部屋などをもう一度造作し、『間取りを
復元する』ためだけに支払われます。

ということは、もともと室内にあった家電・家具・
衣類、生活用品などは、補償されません。

これらを【家財(かざい)】と呼びます。

そうなんです! 火災保険だけでは
【家財】は補償されないのです。

では、家財には、具体的にどのような物が
含まれるのでしょうか?

【家 具】
タンス・本棚・食卓テーブル・椅子・ベッド・机・食器棚など
【家 電】
テレビ・照明器具・パソコン・冷蔵庫・掃除機・洗濯機など
【衣類・寝具・貴重品】
衣類全般・布団・バッグ・腕計・貴金属など
【小 物】
書籍・メガネ・携帯電話・おもちゃ・靴・デジカメ・傘
など

他にも、色々ありますよね。

保険会社が利用している「家財チェックリスト」
には、なんと、206品目もありました。

これらの家財を、全て一から買い揃えると
なると、結構な費用になりますよね。

◆ 家財の補償は?

では、これらの家財を補償するには、
どうすればいいのでしょうか?

それは、【家財保険】に加入することです。

補償額の目安は、全てを新品で買い揃えた時に
掛る総額を予測して算定します。

ただし、掛け過ぎても、掛けた分だけ必ず
支払われるわけではありませんので注意です。

仮に、補償額1,000万円を掛けたとしても、
本当にそれだけの家財を所有していたのかを、
調査員は見抜きます。

また、高価な物を所持していた場合は、
事前に「明記物件」として申告が必要になります。

「高価な物」とは・・・
貴金属・時計・宝石類・着物・骨董品・美術品
などですね。

以前お客様から「1台80万円するカメラを持っている
ので」と、申告して頂いたことがあります。

申告は、1点の価格が30万円以上する場合が対象です。
評価基準は、購入価格ではなく、時価額になります。

「時価額」とは・・・
使用期間や経過年数などに応じた消耗分を
差し引いた額となります。

例えば、購入当時は30万円した時計でも、
現在の価値が10万円なら明記物件にはなりません。

分からない時は、お気軽にお尋ねください。

それと、家財保険に加入することでカバーできる
事故が、実はもう1つあります。

◆ 突発的な事故も家財保険でカバー!

例えば、
「模様替えの最中にテレビを落としてしまい
破損した」
「子供が遊んでいて食器棚を倒し、中の食器が
割れた」
などの【突発的な事故】も、家財保険に
加入すると、対象になります。

このことは、意外と知られていません。

むしろ火災より、突発的な事故のほうが、日常で
起こる可能性が高いのではないでしょうか。

これで、火災と家財はカバーできました。

しかし、まだ火災と家財だけでは
カバーできない事故があります。

◆ 火災を起こして隣宅が燃えた場合は?

ええ!?まだ何か足りないの!?

はい、そうです。火災が生じて室内が全焼した場合、
火災保険と家財保険で室内は元通りになるでしょう。

ですが、もしお隣さんにも火が燃え移ってしまったら
一体どうすればいいのでしょうか?

このような場合、【失火法】によれば、
「失火者に重大な過失がない限り、責任は負わない」
ことになっています。

とはいえ、お隣さんですから、「申し訳ない」の
謝罪だけでは、いたたまれないですよね。

そんな時、頼りになる保険が『類焼損害補償特約』
です。類焼してしまったお隣さんの被害を補償して

くれます。

ただし、お隣さんが火災保険に加入されていた
場合は、お隣さんの保険が優先されます。

なので、補償額が足らない時に補うことができるのが
『類焼損害補償特約』です。

意外に思われるかもしれませんが、
「保険を更新していない」方がおられます。

売却時に「これで火災保険は必要なくなりますので、
解約していただいて結構ですよ」と伝えると、
「それが・・・更新していなくてそのままなんです」と
加入していなかったことは、1度や2度ではありません。

『類焼損害補償特約』は、オプションになって
いることが多いので、検討してみて必要な場合は
追加しておきましょう。

これで、火災、家財、類焼を確認しましたが、
まだ、カバーできていない事故があります。

それは、「水漏れ」です。

NEXT>>>「水漏れ事故」は火災保険ではカバーできない!

◆あわせて読みたい◆
⇒ 知ってお得!知らないと損する!「火災保険」

----------------------
【コラム発行元】
◎ マンションナビ(クローバーライフ株式会社)
◎ お問い合わせ TEL: 06-6743-7400
◎ 発行責任者 村長洋明(むらながひろあき)
■ ご意見・ご感想・ご相談は ⇒ こちらまで
ご感想は100%目を通し、全ての方にご返信しております。
皆様から頂いた 1つ1つが励みになります。
※ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
----------------------