東大阪市・八尾市中古マンションナビ

東大阪市と八尾市の中古マンション売買専門店

06-6743-7400

営業時間/9:00 ~18:00
定休日/火・水曜定休

おしえて!村長さん

👼🏻 突然夫が急死!そこに義母登場!「遺言書編」

53.jpg

◆ 突然夫が急死!そこに義母登場!「遺言書編」

~ 他人事ではない、遺産争い! ~

今回は、購入したあと誰にでも起きるかもしれない
出来事を、物語風にお届けします。

今住んでるマンションは誰の物ですか?
「え!誰の物って、そりゃ私名義だから私でしょう!」

そうです、あなたが生きている間は、
あなたの名義なので、あなたの物です。

しかし、あなたが亡くなった場合は、
誰の物になるのでしょうか?

物語は、ここから始まります・・・
(※登場人物は、村長家を引用しています。)

◇ ◇ ◇
友人の紹介で「俺たちこれから夫婦仲良く
やっていこうな」と誓い合い結婚。
そして新居のマンションを購入。

新婚生活がスタートし12年経ったが、
あいにく子供は授からなかった。

そんなある日、夫のひろあきが急死した。
原因は心筋梗塞だった。

慌てて葬儀の手配をして、納骨まで終えた。
一人になった時、急に悲しみが込み上げてくる。

「なんで死んだの!」と泣き叫び、
悲しみにふけっていると・・・

◆ 姑、あい子登場!

待っていたかのように、姑のあい子が
「さよりさん、あれどうするの?」と尋ねてきた。

「え、あれって?」
「ひろあきが残したマンションのことよ」と言い出した。
「お母さん、私がこのまま住み続けます」

「それはダメよ!ダメダメ!
早く売ってお金を分けましょう!」
「えぇ!?どういうことですか!?」

「どうもこうも!親は相続人なのよ!
もらうのは当然でしょう!」
「そんなこと言われても・・・・」

翌日、友人の司法書士に相談したら、
「確かに、ひろあき君のお母さんは
相続人になりますね」
「相続分はどれだけあるんですか?」
「全体の3分の1ですね」

「ということは、3,000万円で売れたら
お母さんに1,000万円渡すことに?」
「そういうことになりますね」
「そんな~!」と、さよりは嘆いた。

その時、「そういえば、ひろあき君、生前に遺言の
書き方を教えてほしいと訪ねてきたことがあったよ」
と教えてくれた。

さよりは、ぼんやりとだが思い出した。
「俺に万一のことがあった時は、銀行の貸金庫を
開けてくれ」と言っていたことを・・・。

次の日、足早に銀行へ行き、
貸金庫を開けると中には封筒が入っていた。

◆ 遺言書には・・・

その場で封筒を破り、中を覗くと1枚の紙が・・・。
そこには、【遺言書】と書かれてあった。

中身を読み進めると、真ん中あたりに、
【遺言者に属する一切の財産は、
妻むらながさよりに相続させる】 と書いてあったのだ。

さよりはこれで、あの姑に私とひろあきさんが一緒に
暮らしたマンションを奪われることは無くなった!と
胸を撫で下ろした。

そして、後日、姑へ遺言書を叩きつけるように渡した。

すると、姑は真っ赤になり、
「まさか!ひろあきがそんなものを残していたとはね!
あなた!よくひろあきを手懐けたわね!」と
露骨に悔しそうな顔をした。

さよりはこれで安心して住み続けられると思った、
・・・次の瞬間、姑が大きな声でこう叫んだ!

「でもまだ私には【遺留分減殺請求】ができるのよ!」
◇ ◇ ◇

【追 伸】
相続法改正があり、遺留分減殺請求は、
2019年7月1日以降は遺留分侵害額請求と改称され、
持ち分を取得することはできなくなりました。

続きはコチラ👇
⇒ 突然夫が急死!そこに義母登場!「遺留分編」

----------------------
【コラム発行元】
◎ マンションナビ(クローバーライフ株式会社)
◎ お問い合わせ TEL: 06-6743-7400
◎ 発行責任者 村長洋明(むらながひろあき)
■ ご意見・ご感想・ご相談は ⇒ こちらまで
ご感想は100%目を通し、全ての方にご返信しております。
皆様から頂いた 1つ1つが励みになります。
※ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
----------------------